a0142812_9453475.jpg
今シーズン2度目のとうもろこしごはん。
とうもろこし(1本)を削いだものをお米(2合)に入れ、昆布出汁+日本酒、バター、塩少々で炊き込むだけ。
今回は、前夜とうもろこしを予めバターソテーしておくスタイルで。
a0142812_9455188.jpg

そこに、ホタテを醤油につけておいたものをこんがり焼き、蒸し時に入れて。
とうもろこし、ほたて、バター、昆布、合わないはずなく、次回はホタテ倍増決定。
[PR]
a0142812_940214.jpg
我が家定番、朝の鯛めし。
この日はシンプルに梅とさっぱりバージョン。

a0142812_940362.jpg
お米の上に昆布、その上に塩をしてざっくり焼いた鯛、その上に日本酒少々かけ
水、今日は手抜きで少量の白だしで調味。
そこに梅干しを5〜6個。

笹に巻いてのおむすびスタイル。
[PR]
a0142812_22325060.jpg
我が家では頻繁に食卓に上る鯛飯。
この日は、鯛のお頭+アラで多めにとったお出汁に白たまり+日本酒+みりん少々で炊き、身はほぐして炊きあがる直前に加え蒸らしたタイプの鯛飯。
丸ごと一尾焼いてから炊くほっくりした鯛の身もいいけれど、このお出汁をとって身をほぐすタイプもこれはこれで滋味深い美味。
これを焼きおにぎりにして、多めにとったお出汁(白たまりで薄味のお澄まし仕立てに)をかけて、青ねぎ、そして柚胡椒。
香ばしいシンプルな鯛飯に、ぴりっとゆずの香り。
忘年会続きで胃疲れしたときにぴったりかも。
[PR]
a0142812_7123752.jpg

夏のみならず、年末も。
なんだか疲れたなーと思ったら冷凍ストックしてある鰻で炊き込みごはん。

うなぎの炊き込み 
[PR]
a0142812_8531732.jpg

よくお寿司屋さんのつまみで出していただくホタテの磯辺焼き。
それを焼おむすびで再現してみました〜。

a0142812_8555862.jpg
ホタテ貝柱の缶詰め使用。薄味で炊き込んだものを、ほたて風に丸く平たく握って、フライパンでバターでじゅーっと。
お醤油たらり、全体焼き付け、好みで七味唐辛子を振って。

ほんのり焦げたバター醤油がポイント。
お酒をいただいたあとの締めにもgood☆なはず。

ほたての貝柱炊き込みレシピメモ
[PR]